簡単かつコストを抑えた名刺印刷

これから新しい事業を始めようとする方にとって、さまざまな準備作業を行うことが必要ですが、その中でも、名刺印刷は特に重要な作業項目です。
名刺は、ビジネス上での自分の顔となる重要アイテム。新しい取引先の人に名刺を渡してもすぐに忘れられてしまうのでは意味がありません。
自分の氏名、会社名、事業内容などをしっかりと記憶してもらえるような名刺を作成することが大事です。
しかし、事業準備で何かと忙しい時期に、名刺の作成という作業に対して、多くの時間や手間はかける余裕はないでしょう。
そこで、専門の業者に印刷デザインの作成から印刷まで全ての作業を丸投げすることも考えられますが、まだ全く売り上げが発生していない段階で、名刺印刷に大きな費用をかけてしまうことになります。

名刺データは自分でも簡単に作れます

コストを抑えるために、名刺データを自分で作ることを検討してみましょう。自分で名刺のデザインを考えたりするのは結構手間で、時間がかかってしまうのではないかという疑問を持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、大丈夫です。自分のPCに入っているソフトでも簡単に作れてしまいます。
氏名、会社名、住所、電話番号などのテキストデータがほとんどの名刺なら、wordやexcelなどのごく一般的なソフトで名刺データを作成することができます。文字以外の図柄も、それほど複雑でない意匠なら、wordなどの図形描画機能を使えば作成できます。
なお、こだわった意匠のロゴや自分の顔写真を入れたいのなら、photoshopなどの画像編集ソフトを使ってロゴや写真の加工を行うとよいです。

名刺印刷はweb発注可能な業者がおすすめ

自分で作成した名刺データを使って実際に用紙に印刷することも、家庭用プリンタで行うことはできます。ただし、取引先に渡す名刺の場合は画質が大変重要。文字がかすれて読めなかったりするのは致命的です。
そこで、用紙への印刷は専門の業者に依頼する方が無難です。その場合でも印刷コストを抑えるために、できればweb発注が可能な業者を選ぶとよいでしょう。
web発注は、印刷業者のwebサイトから、印刷条件の設定や名刺データの送信など、発注に関するあらゆる作業を一貫して行える便利なシステムです。
web発注システムでは印刷発注の手間が大幅に省けるというメリットもありますが、何より印刷コストが低いのがうれしいです。例えば、100枚の名刺を印刷するのに、1000円以下の低価格で引き受けている業者も多いです。