新しく事業をはじめるときの名刺印刷

会社をやめて新しく事業を興そうとしたときには、さまざまな事業準備が必要です。主な準備作業としては、社名・屋号の決定、オフィスや店舗などの場所の選定などがありますが、名刺の作成も重要な作業です。
名刺はビジネス上における自分の顔となるもの。新しい取引先に、自分という人間、行っている事業の内容を覚えてもらう上で、大変重要なビジネスアイテムです。
しかし、かといって、しっかりとした名刺にするために、名刺印刷に多くの費用を掛けるのも考え物です。まだ売り上げが出ていない段階で、事業準備の1つにすぎない名刺の作成に、多くのコストをかけることは好ましくありません。
従って、特に事業開始時には、コストを抑えつつ、一定以上の品質の名刺を作成することが求められます。

名刺印刷のコストを抑えるならweb発注がおすすめ

名刺作成にかかるコストを抑えるためには、web発注サービスを導入している印刷業者を選ぶのがおすすめです。web発注とは、印刷データの入稿、印刷用紙や印刷部数などの印刷条件の設定、さらに、印刷発注までを、印刷業者の専用サイトから一貫して行うことができるサービスのことです。
web発注システムを導入することで、業者側の観点では、受注にかかる営業費や人件費を大きく削減することができます。そのため、web発注可能な業者では、名刺印刷の価格がかなりお安くなっています。
例えば、名刺の発注単位は通常100枚ですが、100枚の名刺を印刷するためにかかる費用が1000円以下という場合が多いです。事業準備にどんどんお金が出て行く状況下にあって、この程度の金額で当面必要な部数の名刺を印刷できることは、コスト面でうれしい限りです。

急に名刺が必要になったときにも頼りになるweb発注

web発注サービスのメリットは価格だけではありません。もう1つ大きなメリットとして、スピードの速さを挙げることができます
事業開始前の段階では、まだ名刺を作成していないということも多いですが、このような状況下でも、今後重要な取引先となり得る人々と会う機会が急に発生することがあります。そのような時に、まだ事業を始めていないからという理由で、名刺を渡すことができないのは、ビジネス的に大変大きな失点となり得ます。
web発注で名刺の印刷を依頼した場合、最速で、発注したその日のうちに印刷を開始し、次の日には翌日発送も可能です。明日、急に、新しい人と会うことになった場合でもweb発注を使えば安心です。
ただし、発注から発送までの期間を短くするほどコストは上がります。すぐに名刺が入り用な場合でなければ、発送日を発注から数日後に設定しておけば、コストを抑えることも可能です。