季節感のある京都において前撮りするメリット

和装に相応しい撮影のためのスポットが数多くある

京都において前撮りに取り組むメリットは複数あります。まず和装にちょうど良い撮影スポットがたくさんあります。京都は多くの神社や寺というような重要文化財の建物が建てられています。その数といいますと300件ちかくもあります。これほどの歴史的建物がある所は他になく、選択肢が多いことは京都だからこそのアピールポイントといえるでしょう。建物ばかりではなく、祇園といった石畳のある町並みであるとか惹きつけられる竹林が見られる嵐山などすばらしい風景をバックに前撮りを行なうのも奨励できます。それに加えて、寒暖の差がとても大きく季節によって四季折々のシーンを堪能できるため、桜もしくは新緑や紅葉などいつ訪問しても季節感が見られる写真撮影ができます。

比較的アクセスが容易な場所に位置している

また、相対的にアクセスしやすい所に位置しています。新幹線も通っていることから、アクセスしやすい距離であることもアピールポイントと言えるでしょう。名古屋より30分弱そして、東京より2時間弱と長旅になりません。さらに、観光スポットが多くあるので前撮りと並行して旅行をエンジョイすることもできます。その上、ロケーション撮影に取り組むのであれば、洋館の様な洋装を踏まえてのロケーション撮影より四季を感じることのできる、多種多様な観光スポットでのロケーション撮影が最適です。春は桜、秋は紅葉など、和装において四季を感じるシーンが似合います。季節によりまして和装のコントラストや柄のチョイスも変わってくることから、1年中楽しめます。

クォリティーの高い着物を着用できる

また、品質的にすぐれた着物を着ることができるメリットもあります。着物のクォリティーがとても高い背景にあるのは、古くからの伝統及び格式を大切にする信念のある着物文化がスタンダードになっていることから言うことができます。四季が特徴的に移りゆくこちらの場所では、季節感、あるいはおもてなし心それから、本物に対しての拘りといった精神的なカルチャーが育まれています。そして、こうした文化が浸透していったというバックグラウンドがあります。常日頃より催し物などで着物を身にまとう頻度もとても高く、プロフェショナルな職人も一定数いることにより、前撮りする場合には完成度が高い着物を着ることができるケースが多いといえます。こちらの場所でしか撮影することのできない写真があります。

記事を共有する